【求人待遇】小規模保育園は給料が良いって嘘?本当?

メリットが多い小規模保育園。次転職するなら小規模保育園がいいな、と考えている保育士さんも多いのではないでしょうか?

でも働くとなると気になるのが、「お給料」ですよね。いくら保育士のやりがいはお金で買えないものとはいえ、安心・満足して働くために、安定したお給料は欠かせません。

とはいえ、なかなかお給料のことって、採用時や勤めてる人には聞きづらいですよね。実際どうなの?というところを調べて見ました。

小規模保育園の給料

小規模保育園の給料



 

小規模保育園の給料は

 

小規模保育園の給料は、普通の保育園とくらべて高いのでしょうか、安いのでしょうか?

求人を見てみたところ、「普通の保育園と変わらない~ちょっと高い」くらいの印象を受けました。

東京都内であれば、保育士の月収は(未経験の新卒の学生さんで)18万~21万円という水準ですよね。小規模保育園の場合は、18万円~22万円という水準で、おおよその平均額が20.5万円程度のようです。

もちろん賞与などのその他の待遇が施設によって違うので一概には言えないのですが、一般的な保育園とくらべてちょっと高い水準ですよね。これは嬉しいです。

 

なぜ小規模保育園の給料は良いのか?

 

小規模で保育料がそんなに徴収できないのに、なぜお給料が良いんだろうと疑問になりませんか?

私はとっても気になったので、調べて見ました。

保育士の人数が少ないから給料が良い

1つ目は保育士の人数が少ないということです。保育料の額が少ないとはいえ、配分先の保育士の人数が多くないので、1人あたりの給料が高くなるんですね。

また、人数がすくないということは、役割や役職につく人も少なくて済みます。大きい施設の場合、保育士→クラス副担任→クラス担任→学年副主任→学年主任→副主任→主任→副園長→園長→会長、みたいに、たくさんの階層がありますし、各役職についている人数もたくさんいます。その分、役職手当もかさみますし、グレードが上がるごとにお給料を上げなくてはなりませんから、職員全体に支払うお給料もすごい額になります。

しかし小規模保育園であれば、保育士も小規模な組織ですから、こういった大きな組織は必要ありません。そのため、不必要な手当などをカットできるので、現場の保育士1人1人のお給料をしっかりと出すことが出来るんですね。小規模保育園に限定して優良な転職保育士の募集を探せるサイトも増えていますので、参考にしてみるのも良いのではないでしょうか。

認可を受けている施設だから給料が良い

小規模保育施設は、「子ども・子育て支援事業」で新しく認可事業とされました。この認可を受けられるようになったことで、公的な資金援助の対象となり、安い保育料でしっかりとした保育士の待遇を実現させることができるようになった、という面もあります。

保育料が低価格になったので、今まで手がでなかった家庭も小規模保育へ入園できるようになり、今小規模保育園の人気は保護者からも高まっています。そのため、新しい小規模保育園のオープンも増えているようです。

また、公的な補助が受けられるのは、施設の設備の改修費などだけではありません。認可事業となったことで、認可を受ければ、国の制度による処遇改善加算の対象にもなります。最近では保育士の待遇の低さが話題となり、待機児童問題を解消するために保育士の処遇改善も始まっています。こういう制度の対象に、小規模保育園の保育士も入ることが出来るのです。将来的にも待遇が保障されているというのは安心ですよね。

小規模保育が増えている理由【求人も増加中】

最近保育士に人気の「小規模保育」。保育経験者のわたしが気になったことや分からないことを調べてまとめてみました。

さて、保育士に人気の小規模保育。以前は求人がとても少なく、小規模保育園への転職を希望してもなかなか受け入れられないということもありました。

でも最近では小規模保育施設が増えてきて、保育士の求人もよりどりみどりです。一体なぜ今小規模保育が増えてきているのでしょうか?調べてみました。

小規模保育が増えている理由

小規模保育が増えている理由


「子ども・子育て支援新制度」の影響が大きい

 

平成27年4月に、日本の子どもや子育てに関わる問題を解決するため「子ども・子育て支援新制度」という制度がスタートしました。小規模保育が増えてきたわけは、この制度と密接な関わりがあります。

「子ども・子育て支援新制度」の内容は

子ども・子育て支援新制度は、平成24年8月にできた「子ども・子育て支援法」とこれに関連する法律にそってできた制度です。

この制度では、幼児期の保育や教育、地域の子育て支援の量と質を向上させることを目的としています。

その中で新しくつくられた財政支援として、次の4つを市町村の認可事業とすることが決められました。
  • 小規模保育
  • 家庭的保育
  • 居宅訪問型保育
  • 事業所内保育
ちなみに、これらのサービスは原則0~2歳児対象のもの、とされています。

小規模保育が認可事業になると何が変わる?

市町村の認可事業となると、自治体から補助金などを受け取ることができます。そのため、保育施設の運営がしやすくなり、保護者の方にとってはより低価格で受けられるサービスとなりますし、保育士にとってはよりよい待遇ではたらくことができるサービスとなっています。

施設の改修費用や運営費用に対して、自治体から補助を受けられる

保育施設を設立しようと思った時に頭を悩ませるのが、「お金」の面です。子どもに安全な施設をつくるには莫大なお金がかかります。認可をうけることで、こういったお金の面の補助を受けることができます。

認可の基準に沿った職員の配置や設備が必要になる

認可を受けるためには、国が定めた職員や設備の基準を守らなくてはなりません。なので施設によっては職員数を増やさなくてはならなかったり、施設の改修が必要なところもあります。

保護者にとっては、保育の質が向上することにつながりますので、認可を受けている施設というのはとても安心感があります。

入園申し込みは施設単独でなく自治体で行う

認可をうけていない施設では、入園の申し込みを自由に受け入れることができます。しかし認可を受けている施設の場合、入園管理は自治体が行い、適正な園児数になるように申し込みが管理されます。

入園の選考は園でなく自治体が行う

認可外の場合、施設が主体で選考をすすめることができ、入園の許可を出すことができます。しかし、認可の場合では、入園の申し込みと同様選考も自治体が行うので、どの家庭を受け入れるかどうかというのは施設では決められません。

保育料は自治体基準となる

認可外では、家庭の状況に関係なく施設で保育料を決め、徴収することができます。認可施設となると、自治体が保育料をきめ、それに従う形になります。保護者の収入によって、徴収できる保育料は変わります。

『小規模保育』の他、保育用語にもっと詳しくなれるサイトはこちらの(保育士転職のお役立ちコンテンツ)からどうぞ

少人数だからこそ・・・小規模保育で起こりやすい問題

「保育園落ちた。」が遂に国を動かしています。
保育園の待機児童問題は何年も叫ばれていて、対策を取らなかったツケがこのツイートに現れていますね。

このままじゃいけない!ということで、待機児童問題解消に向け、国は「小規模保育園」の対策に力を入れ始めました。

保育業界でも、小規模保育園の求人は常に人気で、就職するにはちょっと難しい場合もあるのだとか。
このとっても保育士さんに優しい小規模保育園、本当にメリットだらけなんでしょうか?

今回は、小規模保育園で働く上で見落としてはいけないデメリットについて詳しくご紹介していきたいと思います。

小規模保育の問題

小規模保育の問題


小規模保育園って世間はどう見ている?

待機児童問題の解決策として、2015年度より、「子ども・子育て支援法」が制定されました。
この中には小規模保育園についても記述されており、国の認可施設としての位置づけもされています。

そのため、認可保育園と同じ程度の保育料が制定されることになっていますし、利用する保護者からは嬉しいことですね。

しかし、この小規模保育園、施設形態が認可保育園とは大きく違います。
まず、園庭の有無ですが、ほとんどの場合、一軒家やマンションの部屋に開園していることが多いのです。

準備するには何年もかからず、すぐに開園できるのですが、運動不足などを心配する保護者も多いです。
更に、利用年齢が2歳児までとなっていて、卒園した後また保育園を探さないといけないんじゃ?と不安に思う人もいます。

この卒園後の進路については、小規模保育園の施設によって違いますが、大抵の小規模保育園は提携している保育園があります。
そのため、3歳児からは必然的にその保育園に入園しやすい状態になっているのです。

小規模保育園で働いていると、必ず聞かれる質問になるかと思いますので、こういった知識はすぐに答えられるようにしておきたいですね。

少人数だからこそ起こる問題も

小規模保育園のメリットにもなる「少人数」ですが裏を返せばデメリットになることもあります。
大規模保育園では年齢が上がると担任する子どもの数も増えます。

0歳児の時は3人だったのに対し、1歳児になると6人まで受け持つことができます。
しかし小規模保育園では年齢がいくつであっても、3人までとなっているのです。

これは本当に1人1人に寄り添うことができます。
その分、キメ細かなアプローチをしなくてはいけなことになるのです。

人数が多いからこそ、許されていた部分も人数が少なくなることで、「何でしてくれないの?!」と責められる原因にもなるのです。
例えば、その最たるものがケガです。

人数が多ければ、ケガをする割合も変わってきます。
0~2歳児となると、トラブルになり引っかきや噛みつきが増えてくるころです。

毎回同じ子どもが引っかきや噛みつきをしますが、この時、噛みつかれてしまう子どもも毎回同じということが起こるのです。
これを保護者に伝える時、どう保護者はどう思うでしょうか?

きっと「人数少ないのに、どうして未然に防いでくれないんだろう。」と思うでしょう。
回数が重なってくるとクレームにも繋がってきます。

小規模保育園の良さは家庭的な雰囲気でゆったりと過ごせることですが、こういった1人1人へのアプローチに本当に気を配らなくてはいけないのです。

少ないのは園児だけじゃない!小規模保育が働きやすいわけ

子どもの数がすくなくて働きやすいと人気の小規模保育。

でも、数がすくないのは園児だけではないんです。なぜ小規模保育が働きやすいと言われているのか?その理由を考えてみました。

小規模保育

小規模保育


職員の人数も少ない

利用する園児が少ないということは、そこで働く保育士さんも少なくなります。
保育士の数は、子ども~人にあたり1人、と認可基準で定められているので、子どもが少ない小規模保育園では多くの保育士を雇う必要がなく、配置されないんですね。

すると何がいいかというと、保育士さん同士の連携が取りやすくなります。これやっといた、手伝おうか、困ったときはこうしたらいい、などの、業務上必要な連携だけでなく、お互いに助け合うことができたり良いアドバイスを貰えることもあります。

また、今までの、保育士生活にもしかしたら付き纏ってきた派閥争いというものもありません。というのも、人数が少ないため、派閥や好き嫌いを起こすことができないのです。
このように、人間関係も限られた人数ですので、築きやすくなっています。

しかし、職員の数が少ないとなると、1人あたりの業務量が増えるのでは?と心配になってしまいますよね。でも、子ども1人あたりの先生の数は、小規模保育のほうが多い場合が多いんです。なので連絡帳などの書物の量も多くありませんし、1人1人と向き合って保育することができます。

また、職員の数は少ないですが、行事なども負担も少ないので、結果、仕事量が増えるということにはならないのも、小規模保育園で働く魅力です。

保護者も少ない

園児が19人以下なので、あたりまえなのですが家庭数も19以下です。
つまりそれだけ、対応する保護者が少ないということです。

同じ保育方針に賛同している保護者の方たちとはいえ、人によって性格や考え方は様々。そのため、保護者の人数が増えれば増えるだけ、クレームや保護者対応に迫られる頻度も増えます。
中には、どうしてもソリの合わない保護者というのもいるでしょう。

しかし、小規模保育園ならそういった保護者の絶対数がもともと少ないのです。
そしてちょっと困った保護者がその中にいたとしても、その人だけに保護者対応を集中してできるようになり、問題も解決しやすいのです。

トラブルだけでなく、保護者の「こういうときはどうすればいいのか?」という育児相談にも、しっかり時間をさいて親身に対応することができるようになります。そのため、普段から保護者の方と良い関係を築けるようになるのです。

また、保護者対応の経験や保育の経験があまりない人にも良い環境です。職員間の連携もあるので、職員が一丸となってその保護者対応に当たることができます。
周りからのフォローをしっかりと受けながらの保護者対応です。

保護者対応が苦手な人には心強い味方ですね。

小規模保育園で働くのは保育士の負担が少ない!

いかがでしたか?
小規模保育園で働くということは、とても保育士さんにとって働きやすい環境になるということです。

しかし、メリットが大きい分、他の保育士さんも求人に殺到します。そのため、小規模保育の求人は、一般的な保育園の求人より競争率が高いそうです。

また、小規模保育園なら全部が全部、働きやすい、とは限りません。保育園によって保育方針や保育士の待遇は様々ですから、施設形態で選ぶのではなく、しっかりと中身もみて決めていきたいものです。

より良い求人を求めるのなら、早めに募集を見つけ、応募しましょう。
本当にこういった小規模保育園の求人はすぐに埋まってしまいますよ。

小規模保育で働くデメリットは

前回は、小規模保育のメリットをご紹介しました。でも、メリットばかりというわけではありません。

働く前に、しっかりデメリットを知った上で考えたいですよね!今回は、小規模保育のデメリットをご紹介します。

小規模保育のデメリット

小規模保育のデメリット


小規模保育園で働くデメリット①「専門知識を高く求められる」

小規模保育園は勤務体制によっても違ってきますが、職員の配置に保育士資格を必要としない施設もあります。
一定の研修期間を受ければ働ける、という小規模保育園もあり、そうなってくると、保育士資格を持っているあなたに専門知識を求められるのです。

職員として一緒に働いていると、保護者は保育士資格を持っているかどうかは一見しただけでは分かりません。
保護者が何かを相談したとしても、全く見当はずれな答えをかえされたと感じる保護者も出てくることでしょう。

こういった評判は口に板をたてられません。
すぐに知れ渡ることでしょう。

そうなると、その小規模保育園は運営の危機にも陥ります。
職員研修を行わなくてはいけなくなりますし、保育士資格を持っているあなたが保育以外にも職員研修の役割を担ってしまった、ということもあるんです。

小規模保育園で働くデメリット②「小さなコミュニティになってしまう」

小規模保育園で働く職員は決して多くありません。
そのため、人間関係を築くのは比較的簡単になるでしょう。

しかし、その後の事の方が心配なのです。
例えば、どうしても意見の合わない職員がいたとします。

大規模保育園なら、他の職員と意見交換をすることで逃げ場を作ることができます。
小規模保育園になると他の職員も数が限られていますから逃げ場が作りにくいのです。

また、その職員だけを避けていると職場の雰囲気も知らず知らずのうちに悪くなりますよね。
人間関係が悪化するのもスピードが速く、距離を置きにくい環境です。

小規模保育園で働くデメリット③「保育士としての成長が見込めない」

大規模な保育園での仕事の負担は大きいです。
しかし大きい分やりがいもあります。

そして大規模保育園で保育士として勤務することで、保育士のスキルを身につけていくことができるのです。
例えば行事に関してはいかがでしょうか?

運動会や生活発表会など、小規模保育園では大々的に行わないところがほとんどです。
そうなると、毎日保育を繰り返していくことで、行事などのメリハリがつかない生活をするのです。

その小規模保育園でずっと働くのなら気にしなくてもいいことかもしれません。
しかし転職の際、経験年数は重ねていても、引率のスキルや行事の開催、運営のスキルは同年齢の保育士に比べると遅れてしまうでしょう。

初めて保育士として勤務するにはあまり向いていないです。

小規模保育園の適性はいかがでしたか?

保育士の転職先としてとても人気な小規模保育園です。
しかしそこで働くには向き不向きというのがあります。

これから保育士として成長したい!と望んでいる人にはこういった小規模保育園の求人は見合わせた方がいいのかもしれません。
大規模保育園で働き、少しゆったりした保育をしたい、と思っているのならうってつけです。

是非、もう一度あなた自身を見つめ直して、小規模保育園で働くかどうかを考えてみてください。