少人数だからこそ・・・小規模保育で起こりやすい問題


「保育園落ちた。」が遂に国を動かしています。
保育園の待機児童問題は何年も叫ばれていて、対策を取らなかったツケがこのツイートに現れていますね。

このままじゃいけない!ということで、待機児童問題解消に向け、国は「小規模保育園」の対策に力を入れ始めました。

保育業界でも、小規模保育園の求人は常に人気で、就職するにはちょっと難しい場合もあるのだとか。
このとっても保育士さんに優しい小規模保育園、本当にメリットだらけなんでしょうか?

今回は、小規模保育園で働く上で見落としてはいけないデメリットについて詳しくご紹介していきたいと思います。

小規模保育の問題

小規模保育の問題


小規模保育園って世間はどう見ている?

待機児童問題の解決策として、2015年度より、「子ども・子育て支援法」が制定されました。
この中には小規模保育園についても記述されており、国の認可施設としての位置づけもされています。

そのため、認可保育園と同じ程度の保育料が制定されることになっていますし、利用する保護者からは嬉しいことですね。

しかし、この小規模保育園、施設形態が認可保育園とは大きく違います。
まず、園庭の有無ですが、ほとんどの場合、一軒家やマンションの部屋に開園していることが多いのです。

準備するには何年もかからず、すぐに開園できるのですが、運動不足などを心配する保護者も多いです。
更に、利用年齢が2歳児までとなっていて、卒園した後また保育園を探さないといけないんじゃ?と不安に思う人もいます。

この卒園後の進路については、小規模保育園の施設によって違いますが、大抵の小規模保育園は提携している保育園があります。
そのため、3歳児からは必然的にその保育園に入園しやすい状態になっているのです。

小規模保育園で働いていると、必ず聞かれる質問になるかと思いますので、こういった知識はすぐに答えられるようにしておきたいですね。

少人数だからこそ起こる問題も

小規模保育園のメリットにもなる「少人数」ですが裏を返せばデメリットになることもあります。
大規模保育園では年齢が上がると担任する子どもの数も増えます。

0歳児の時は3人だったのに対し、1歳児になると6人まで受け持つことができます。
しかし小規模保育園では年齢がいくつであっても、3人までとなっているのです。

これは本当に1人1人に寄り添うことができます。
その分、キメ細かなアプローチをしなくてはいけなことになるのです。

人数が多いからこそ、許されていた部分も人数が少なくなることで、「何でしてくれないの?!」と責められる原因にもなるのです。
例えば、その最たるものがケガです。

人数が多ければ、ケガをする割合も変わってきます。
0~2歳児となると、トラブルになり引っかきや噛みつきが増えてくるころです。

毎回同じ子どもが引っかきや噛みつきをしますが、この時、噛みつかれてしまう子どもも毎回同じということが起こるのです。
これを保護者に伝える時、どう保護者はどう思うでしょうか?

きっと「人数少ないのに、どうして未然に防いでくれないんだろう。」と思うでしょう。
回数が重なってくるとクレームにも繋がってきます。

小規模保育園の良さは家庭的な雰囲気でゆったりと過ごせることですが、こういった1人1人へのアプローチに本当に気を配らなくてはいけないのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です