小規模保育で働くメリットは

保育士の求人情報を見ていると、最近増えたなあ、と思う単語があります。
それは「小規模保育」という言葉です。

一般的に、園児の数が20名未満の施設が多く、そこで働きたい!という保育士さんもうなぎ上りに増えているんだとか。

この小規模保育、働く保育士さんにとって一体どんなメリットがあるんでしょうか?
今回は小規模保育のメリットについて詳しくご紹介したいと思います。

小規模保育のメリット

小規模保育のメリット


小規模保育ってそもそも何?

求人を見ていると、必ず飛び出してくるのが「小規模保育」という言葉です。
小規模保育とは一体どんな施設形態を示すのでしょうか。

まず、利用している園児は
  • 0~2歳児までが対象
  • 6~19名以下の施設
となっています。
待機児童問題の解消のために、保育園に入りにくいとされている3歳児未満の児童の受け皿として大きな役割を担っています。

実際に認可保育園に入れなかった保護者は次の選択肢として「小規模保育園」を選択する人も多いのです。
小規模保育園は2015年度から制定された「子ども・子育て支援法」の中でも重要な役割を持っています。

国の認可施設としての地位を確立し、「小規模認可保育園」として運営していくことになりました。
そのため、利用する料金も認可保育園と同等の価格で利用できるのです。

これからますますニーズが高まりそうな勤務先でもありますね。

小規模保育園で働くってどういうこと?

この小規模保育、次から次に求人が出てくるのは実は施設の特徴が大きく関係してきます。
それは開園するまでの準備期間が4~5カ月程度でできるということです。

保育施設として必要な園舎も、マンションの一室を利用したり、駅のテナントの中で始めることもできたりします。
そのため、人員確保さえできれば手軽に開園できるのです。

そんな小規模保育園ですから、働くにはとても大きな魅力があります。
それをご紹介しましょう。

小規模保育園の魅力①「少人数だから」

小規模保育園の利用園児は多くても19人です。
大規模保育園での職員の配置は児童福祉法で定められているとおりです。

しかし、小規模保育園になると、0~2歳児、どの年齢を受け持っていても1人3人と言うことが決められています。
そのため、1人1人にきめ細かなアプローチを行うことができます。

発達の状態を簡単に把握することができ、家庭的な保育生活を送ることでしょう。

0~2歳児というと、毎日新しい発見に気付かされる年齢でもあります。
昨日まで歩けなかった子が急に歩けるようになる、なんていう場面にも立ち会うことができます。

そういった成長の途中に、適切なアプローチをすることができるんです。
大規模保育園でもこういったアプローチはもちろんしています。

していますが、人数が多くなるとなかなか1人1人に家庭的なアプローチはできにくいのが現実です。
そういった面で言うと、小規模保育は「してあげたいのに、できない!」というストレスの感じにくい職場です。

小規模保育園の魅力②「乳児中心だから」

続いては、乳児が中心であることです。
乳児が中心だと何がいいことがあるのでしょうか?

それは、行事が少ないということです。
系列の小規模保育園があるような所なら、合同で運動会や生活発表会を行うところもあるでしょう。

しかし、大規模保育園のようにいくつもプログラムがあったり、リレーをしたり・・・ということはまずありません。
0~2歳児にそういった大きな行事と言うのはあまり必要がないからです。

お遊戯を発表するにしても、1つぐらいでしょう。
そうなると、行事前の忙しさが小規模保育園に勤務すると緩やかになるのです。

普段の保育に加えて行事の準備と言うのは本当に忙しく、イライラしてしまいますよね。
しかしこういった行事も無理のない範囲で設定されますので、保育士の負担が少なくなるのです。